白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2015/10/30(金)   CATEGORY: 未分類
15年秋のチベット・イベント
セルダ・ラルンガル・ゴンパ(ラルン五明佛学院)
ケンチェン・ソナムタルゲー=リンポチェ来日公演


●カムで最大のチベット僧院ラルンガルの僧院長ソナムタルゲ師(1962-)が来日されます。師は漢語で説法できることから、多くの漢人の弟子を擁しており、漢人とチベット文化が共生できる未来を期待させてくれます。チベットの方も師の説法すすばらしいとおっしゃっています。

◇11月13日(金)午後14:00-16:00 
講演会:幸せな人生----【仏法は世界を変えられる】
場所:早稲田大学理工学部55号館 第二会議室
住所:東京都新宿区大久保3-4-1 
地下鉄副都心線西早稲田駅3番出口右へすぐ

◇11月15日(日)午前10:00-12:00
シンポジウム(座談会):【仏法はどう日本社会の為に役立つか】
場所:大手町サンケイプラザ 4Fホール
住所:東京都千代田区大手町1-7-2 
地下鉄各線 『大手町駅』A4・E1出口直結
JR線『東京駅 丸の内』北口より徒歩7分

◇11月15日(日)夜19:00-21:00 
テーマ:平和祈願、観音法会
場所:池袋区民センター6階(文化ホール)
住所:東京都豊島区東池袋1-20-10
JR池袋駅東口より徒歩5分(豊島区旧区役所の後ろ)

以上、無料参加。

詳細・問い合わせ:
電話:03-3982-5105
携帯:090-8581-8862
メール:tokyowssdl@gmail.com


出雲で観音さま開帳とチベット講演

神話の里・出雲の峯寺で今年は33年ぶりに秘仏の観音さまが開帳されます。この期間、16日には平岡宏一先生の、22日には渡部秀樹さんのチベット講演があります。精進料理もおいしいよ。
場所 出雲峯寺住所:(〒690-2402 島根県雲南市三刀屋町給下1381 電話:0854-45-2245)

◇観世音菩薩ご開帳 11月14日(土)~23日(月)8:30~17:00

◇特別法要 11月14日・15日・18日・23日

◇特別講演 11月16日 会場 峯寺 本堂
講演会 午前の部: 講師 田中利典師 「修験道の心」
      午後の部: 講師 平岡宏一先生  「ロサン・ガンワン先生の思い出」

◇チベットフェスティバル 11月22日
 講演会 午前の部: 講師 渡部秀樹氏「観音様とチベット」(14時~15時半:開場13時半)
 物販 チベットの風景の絵葉書/ ミニチュアのタンカ、マニ車 / 吉祥紋モチーフの小物 etc.

◇精進料理 11月19日~21日

詳しくは峯寺のフェイスブックのサイトで
[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 会陽の起源
マサムネ | URL | 2015/11/07(土) 12:18 [EDIT]
記事とやや離れて恐縮ですが・・・新刊『チベット伝統医学の薬材研究』 〔出版社〕藝華書院〔定価〕15000円・・・手が届かないため、いろいろと探索、見つかった記事が何か御有用なれば、と想い投稿いたします。我が国の仏教に足りないと表される救済のあり方に結ばれてゆけば幸いなのですが。
御健康そうで何よりでございます。鴨里氏史料編纂協力の件、もしも御関心あれば、お知らせ下さい。
以下、紹介
黄蕨(きび)国の物語
http://www.geocities.jp/ki_warabi/new_page_47.htm
人類は医療の手段として古来から多くの 薬木を利用してきた。「熱を冷ます」、「痛みを鎮める」、「炎症を抑える」・・・。自然界の中から医療効果のあるものを見出し、試行錯誤のうえ医薬品として利用してきた。

西大寺観音院の正式伝承である「消炎鎮痛薬・アスピリン の原料・ヤナギ」、蘇民伝承の「古代の万能薬・チガヤ」、蘇民祭 の「天然痘の薬・ヌルデ」 、熊野権現垂迹縁起 の「制癌剤タキソールの原料・イチイ」等々、全て「古代における万能薬」であ ったことを仏教医学として説明してきた。

 江戸時代以前は「寺院が病院であり薬局」 だった。明治以降、医学の 進歩により寺院の病院・薬局としての機能は無くなった。各寺社の一番身近にある薬木が寺社祭事に使用されてきた。その薬木の種類を特定し 、薬用植物学にて薬効を調査することにより、その寺社の病院としての専門分野がわかる。

 「会陽と称される祭りの起源は、薬木の薬効に感謝するお祭り」 だった。これが、私の20年間の研究の結論である。また、薬用植物の医療への応用を考える時,生薬の由来・歴史的変遷に学ぶことが重要で ある。古代からの寺社祭事に使用される薬木の種類の再確認が必要である。江戸時代までは寺社は病院であり薬局 だった。
● アスピリン
niina | URL | 2015/11/10(火) 19:21 [EDIT]
知人から法王さまはバファリンを頭が痛い時は飲んでいると聞きました日本の薬は優秀ですね。アスピリンですね。また知人の友人は高僧にイタズラして味の素を沢山入れたスープを提供して味がわかるかなと試したら、美味しいから是非作り方を教えて下さいと聞かれたそうで、怖くなって私の知人に話したそうです。大人なのにね、馬鹿につける薬はまだ未開発なのでしょうね…
セミナー参加させていただきまーす。

白雪姫 | URL | 2015/11/17(火) 10:53 [EDIT]
>マサムネさん
記事ありがとうございます。実は日本で最古の施薬院は金光明経にのっているインド医学が起源なのです。だから、日本の医学は仏教医学でインド医学なんですよ。おしろいですね。今のところ鴨里のデジタル化は無事にすすんでいます。お気遣いありがとうございます。

>niinaさん
この前の金曜日、教室にきてみたら、学生が「二宮さんという方から差し入れです」とうさぎやとキムラヤのあんパンをわたしてくれたのですが、これってひょっとしてniinaさんですか。他ににた名前でおもいあたるふしがないので。もしそうでしたら、賞味期限が二日とみじかかったので、その場でゼミ生とあけて食べました。みな美味しいといっていました。ありがとうございます。
● 良かった
niina | URL | 2015/11/17(火) 18:56 [EDIT]
niinaは二宮です。お菓子喜んでいただけて良かった。いつもブログ楽しみにしています。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ