白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2015/12/07(月)   CATEGORY: 未分類
新春のチベット講義のお知らせ
早稲田大学のエクステンションセンターで「ダライラマ13世と帝国主義のプレイヤーたち」という演題で四回講座をやります。30名定員です。詳しくはすぐ下に書きました。

●二つ目は時間その他はこれからつめますが、2016年2月11日にチベット暦の新年パーティもかねて、曙橋のチベット料理屋タシテレで「転生僧の即位式の映像をみながら歴史資料を読む夕べ」 という演題で、映像みながら漫談します。 映像は1940年のダライラマ14世の即位式と、2014年のガワン先生の生まれ変わりの即位式で、私が映像を解説しながら、チベット料理を食べようという、企画です。
 お見えになった方には、ダライラマ14世の即位を目撃したイギリス人のベイジル・グールド卿の報告書を翻訳した小冊子もお土産にさしあげます。
 時間などの詳細が決まりましたらここで告知します。興味のある方は夕方以後を明けておいてください。
 
●チベット卓上カレンダー

 今年もあとわずか、毎年恒例SFT Japanのチベット・オリジナル・カレンダーの発売が開始です。個人的には小坊さんの3月と法王様の7月がいいですね~。
 今年も一年チベットをあなたのおそばに。
購入フォームはこちらです。
ダライラマ13世を取り巻いた帝国主義のプレーヤーたち

◇主催・会場 早稲田大学エクステンションセンター

◇【講義概要】
20世紀初頭チベットは地図上に残された最後の空白地帯チベットは各国のあこがれの下にあり、英・露確執の舞台でもあった。1904年のイギリスのチベッ ト侵攻で亡命を余儀なくされたダライラマ13世は、一転はからずも各国の大使たちと接触する中、チベット近代化の必要性を痛感。一方各国の大使たちはチ ベットの豊かな文化とダライラマに魅せられていく。大使たちの記録、ダライラマ13世の親書より、西洋世界とチベットとの初の触接接触の時代を読み解いて いく。

◇【各回の講義予定】各 14:45~16:15
第1回 2016/ 1/ 9(土) イギリスのチベット侵攻とダライラマの亡命
第2回 2016/ 1/16(土) ジェブツンダンパ8世との不和
第3回 2016/ 1/23(土) ダライラマ13世に魅せられた各国大使たち
第4回 2016/ 1/30(土) 1913年清朝崩壊をうけチベット独立

詳細・問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
紹介URL : http://www.second-academy.com/lecture/WSD31379.html

[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● यमान्तक
マサムネ | URL | 2015/12/08(火) 21:57 [EDIT]
本日なんでも鑑定団、チベット仏教仏像が島根県で!~陸軍将校であった御先祖が満州から持ち帰られし無量寿仏でした。
番組中、北京故宮所蔵のयमान्तकが紹介され、清朝末期とは申しても工藝の巧み極まる様が語られておられました。
オークション全盛期の昨今、巷に流通することもあるのでせうが、こうした先人の崇敬の対象は然るべき継承成就を願って止みません。

n. | URL | 2015/12/14(月) 21:07 [EDIT]
もう柿の季節も終わりますね。祖父の二宮の家には百目柿の新種の甘くて美味しい柿がなっていて、いつも楽しみにしていたな、と思い出しています。2月のセミナーの美味しいお料理とお話し、楽しみにしています。

峯のしらゆき | URL | 2015/12/15(火) 08:30 [EDIT]
>マサムネさん
チベットがなくなった直後、生活に困窮したチベット人が仏像を手放したため、大量のチベットの仏像・マンダラが世界に放出されました。今、それをソウルのセジョン美術館、NYのRUbin Museumとかに集約しつつあります。
>n.さん
野鳥たちが柿をたべている姿にほれぼれ。庭に柿の木を植える人もすくなく、それ以前に庭のない家が少なく、鳥がかわいそう。そして、我が家の柿は40年前から同じ大きさで実がならないのです。
● お土産
ゆめたし | URL | 2015/12/19(土) 10:31 [EDIT]
チベット語しゃべれないのですが、
ここ10年くらいカム・アムドに何度か訪れています。

写真ばかり、プレゼントしてもしょうがないので
何か他のものをあげたいのですが、思いつきません。

ひと家族は遊牧で家もみせてもらうと、太陽発電は
あるけど電気はきてません。

あとは、何人か中年男性・女性・夫婦(子供あり)等
普通のちべっとの家族なんですが
家に毎回泊めてもらうのでなにか返したいのですが・・・

チベット人に喜ばれるお土産ってありますか?

外国人への人気お土産をみても
全然ピンときません

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ