白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2016/04/20(水)   CATEGORY: 未分類
生き地獄からの帰還
 この十日間は地獄だった。4月5日、月曜に風邪に罹患し、それが喘息になり、その峠は7日から8日で吸入器でのりきったものの、9日から咳喘息となってむせるような咳がとまらなくなった。福原愛ちゃんがかかっているあれだ。

 そして10日の日曜日くらいから、咳でむせていると、脇の下から胸にかけて痛みが感じられるようになった。
 そこで12日の火曜日の午後、体の痛みを訴えに駅前の救急病院にいくと、イケメンの医者がプレドニンとテオールという喘息薬とホクナリンという貼り薬を処方してくれた。喘息よりも今は体の痛みの方がつらいのにと、コレジャナイ感があったが、とりあえずひきさがる。

 しかし、それらをのんでも、痛みはとまらず、軽い咳でも咳のたびに脇の下から肩と胸に走る激痛がどんどん強くなっていく。同日夜、夜ちょっとした咳を契機に上半身に走る痛みが耐えがたくなったので、救急病院の時間外診療にかけこんだ。午前の外来からまだ数時間しかたっていないのにまた同じ病院に夜戻ったのだ。

 すると驚いたことに去年喘息でかけこんだ時と同じく「医は仁術」のI先生と「白衣の天使」Kさんのシフトが当直をしていた。向こうも驚いていたが。で、前回私が飛び込んだのも火曜日だったそうな。

 私「Kさん、去年もうすぐチベットいくっていってらっしゃったけど、あれラルンガロですよね。ラルンガロいらっしゃいました? あのあと、ラルンガロの僧院長が日本にくるってことで支援者の方から連絡きたんですが、体調不良でお断りしました。」というと
 Kさん「行きました。ラルンガロって名前でした。でもすごい忙しい日程だったので何を見てきたのかもよく覚えていません。また行きたいです。不思議なご縁ですね~」

 I先生は血液検査とレントゲンの結果をご覧になり、さらに私の「喘息よりも今は体の痛みがつらいです。この痛みを何とかしてください」という訴えを聞いた上で、こうおっしゃった。
 「喘息による過呼吸からくるテタニーではないか、喘息をなおせば痛みもなおるのでは」、そこでやはり喘息の点滴をされ、咳止めのリン酸コデイン、ねむれる咳止めセレスタミン錠、痛み止めのコカール咳止めのくすりを処方された。

 なんか喘息の薬だけが積み上がっていくけど、本当にこれで痛みがとれるのか不安になる。しかし、人間的に尊敬できるI先生に言われたので、とりあえず先生のお見立てに従うことにした。
 
あけて13日の水曜日早朝。布団からでると、胃から胸部にかけてしびれているような気がするので、手でさすってみると、その軽い刺激があるそばから痛みが生まれ、生き物のように手足にひろがっていく。痛みででている部分は赤い炎症をおこしているようで、腕であれ方であれ赤くなっている。
痛むうで

 さらにその晩二度目のビッグウェーブがきた。シャワーをあびていると、水があたった上半身に鈍痛が感じられ、そのままちょっと熱い湯船にはいったところ、電撃がはしるようにその鈍痛が激痛に変わったのだ。さらに痛みは生き物のように全身を覆い太ももまで痛みはじめた。こりゃあかん。
 油におちたみたいに風呂から二秒でとびだして、とりあえず痛みがしずまるまでの一時間半のたうちまわる。これでは研究とか以前に生活ができない。

 ネットで調べて見ると私の症状は繊維筋痛症という女性に多い神経の病にあてはまる。患者数は多く、痛みの程度は人によって天候によって様々であるが、ひどい場合は末期がんなみの痛みに苦しみ、最悪車いす生活になる。神経伝達がくるって勝手に痛みを引き起こしているため、痛み止めは効かない。治療法は確立しておらず、運の良い人は一~二年で症状が軽快するが、ほんどの人はなかなか軽快せずドクター・ショッピングに陥っているという。

 なにこの救いのない解説。

 こんな病にとりつかれたら、研究も何もできなくなる。
 翌日14日の木曜日は敬愛するI先生の外来診療日なので朝一に救急病院にいき、いままでの経緯をうったえる。

 咳をしなくともわずかな刺激で痛みが始まること。その痛みはどんどん広がって強くなっていること。痛みのある部分には炎症がでて赤くなること、完全に痛みがひくまでは1時間半かかること。痛みがしびれ程度におさまっている時でも、いつまた痛みが動き出すかわからないので、こわれもののように体を扱うことになり、歩く時も痛む部分を刺激しないように忍び足で歩いていることなどを伝え、最後に「線維筋痛症ではないか」と伺ってみた。

 I先生は「私は確定診断のついた線維筋痛症は一つしか症例をみたことがありません。とりあえずこの痛みが始まる前にやっていたことをやめてみましょう。喘息の薬をぜんぶきってみましょう」とおっしゃる。敬愛するI先生のいうことなので、これまでの五種類の薬は全部やめる。
 翌15日金曜日は大きな痛みはこなかったので、やはりステロイド系のぜんそく薬の副作用か、これで快方に向かうかと希望をもったが、16日土曜日の朝、最盛期よりは若干痛みのレベルは低いながらもやはり同じような痛みの発作がおき、薬をきっただけでは回復しないことを思いしらされた。

 折しも、熊本で活断層が九州を引き裂き、大地震が続いていたが、自分の体でも同じように神経が引き裂かれて何度も何度も痛みがくる。マクロコスモス(自然)とミクロコスモス(人体)がシンクロし、ブラフマン(宇宙の真理)とアートマン(真我)が梵我一如である

 宇宙の神秘である。

 線維筋痛症は治療法は確立していないし、痛み止めはきかない。あきらめの早い私は、大学を休むかやめるかして、針治療と気功とお灸と漢方治療に専念しよう、ダンナは早めに退職させて(←ヒドイw)私の介護にあたらせようと、かなり本気の生活設計をたてはじめた。

 とりま、こういう自律神経の暴走は西洋医学よりも東洋医学がたよりになる。まずT先生から神のような鍼灸師のリストをいただき、ダンナは線維筋痛症外来のある医院を物色しはじめた。
 そのうち、線維筋痛症が寛解している人のブログにたどりつき、そこにでてきた繊維筋痛症専門の先生が、八味地黄丸をこの病気の治療に特許出願中というのを知った。
 我が家は東洋医学オタクなので八味地黄丸は普通に常備してある。しかしこの漢方は冷え性に対する処方であり、私の痛みはやけるような痛みがひろがり熱をもつタイプなので、冷え性とはいえない。
 一方、八味地黄丸と処方がある程度共通していて、熱をさげる働きのある瀉下補腎丸がある。瀉下補腎丸と線維筋痛症で検索しても何もでてこないが、こうなったら勘である。バクチである
iskrasyakahojingan.jpg

 ※ちなみに、我が家はオタクなので瀉下補腎丸も高熱発生時のために常備してある(爆笑)。

 この瀉火補腎丸を服用しだしたのが、17日の日曜日の晩。これがきいた。
現時点で20日水曜日であるが、服用後は激痛の発作がおきず、それ以前は激痛発作時以外にも続いていた体幹部や脇の下にあった鈍痛も軽減している。
 瀉火補腎丸マンセー。漢方マンセー。
 というわけで、私と同じような経緯で線維筋痛症的な症状を呈している方がいらっしゃったら、瀉下補腎丸をためしてみてください。ちなみに、寒性の人は八味地黄丸を試してみるといいと思います。
 少なくとも私の場合は明らかにききました。漢方薬局でいずれも手に入ります。漢方ですからステロイドのような強烈な副作用はありませんが、心配な方はお医者さんで今ある薬の飲み合わせとかを聞いてみるといいかと思います。

 一人でも多くの方が不条理な痛みから解放されますように。 
[ TB*0 | CO*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2016/04/20(水) 18:21 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

あくび母 | URL | 2016/04/20(水) 19:30 [EDIT]
マンセー、マンセー! 大変なめに合われましたね 軽快してなによりです 寫下補腎丸覚えておきます
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2016/04/20(水) 21:50 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● 霊泉
マサムネ | URL | 2016/04/21(木) 07:27 [EDIT]
我が國は地震大国でありますが、それ故に温泉大国でもあります。
御快癒を祈念して温泉三題
ラジウムに賭けるのであれば福島は三春町やわらぎ温泉
http://www.yawaragi-no-yu.jp/
乃木将軍と静子夫人そして那須与一に肖るのであれば、乃木温泉
熊本復興ということで菊池温泉
● 吉祥
マサムネ | URL | 2016/04/30(土) 10:16 [EDIT]
先生の苦行は、来る吉祥のための身代わり行と思える報せ、謹んでお届けいたします。
チベット亡命政府 センゲ首相が再選
4月27日 20時56分http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160427/k10010500691000.html
インドにあるチベット亡命政府は、政府のトップを務めるロブサン・センゲ首相が再選されたと発表し、引き続き、中国政府にチベットの高度な自治を認めるよう、対話を求める姿勢を維持するとみられています。
インド北部ダラムサラにあるチベット亡命政府の選挙管理委員会は、27日、インドなどで暮らすチベット難民による投票の結果、現職のロブサン・センゲ首相が対抗していた候補を大差で上回る得票で再選されたと発表しました。
センゲ氏は48歳。アメリカのハーバード大学法科大学院で研究員を務めていましたが、前回(2011年)の選挙で首相に選ばれ、チベット仏教の最高指導者のダライ・ラマ14世から政治上の権限を委譲されました。
センゲ氏はこれまでのところ声明などを発表していませんが、選挙戦では現状の政策を維持すると訴えていました。このため、チベット亡命政府は引き続き、センゲ氏の下で、ダライ・ラマ14世が求めるチベットの高度な自治を認めるよう中国政府に対話を求める姿勢を維持するとみられています。

センゲ首相再選=「自治拡大」路線継続―チベット亡命政府
時事通信
【ニューデリー時事】インド北部ダラムサラにあるチベット亡命政府は27日、3月下旬に行われた首相選挙の決選投票の結果、ロブサン・センゲ首相(48)が再選されたと発表した。
選管によると、世界各地で一斉に行われた決選投票で、センゲ氏が全約6万票の57%を獲得した。5年間の任期でチベットの自治拡大を目指す。最終更新:4月27日(水)22時10分
● 先生は食い道楽でしたか
n. | URL | 2016/05/08(日) 20:53 [EDIT]
ブログで先生の好きなレストランみました。
私は最近は菜食で、以前は食育を教えたり作る方だったからテレビや雑誌にレシピを提供していたのですが、ボケや神経痛防止に玄米がおすすめで、豆類も良く、私はお汁粉を飲んでます。お高いお店は彼か旦那がいないとなかなか行けませんしね。
今は串揚げ屋がお気に入りです。玉ねぎが美味しいし1人で入って、入菩薩行論とかも読んだりしていましたが、最近は量を控え、以前みたいに飲まない毎日の準備中。
センゲ首相の当選良かったなと随喜しています。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ