白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/07/12(水)   CATEGORY: 未分類
チベットおたくのチベットツァー
 14世紀にチベットに彗星のごとくあらわれた聖者ツォンカパ(本名ロプサンタクペーペル)は、当時チベットに伝わっていた仏教の様々な教えを、中観帰謬論証派のもとに体系化しちゃって、それはもう最強無敵の宗派、ゲルク派をつくりあげた。

 そのような素晴らしい哲学は、ただ机にかじりついてできるわけではない。モーツァルトのごとくに、どこか別のレベルからその天才的な仕事のインスピレーションを受けるのだ。

 ツォンカパの場合は、文殊菩薩に憑依されたシャーマン僧から文殊の言葉を聞きながら、また、自ら深い瞑想の中でインドの聖者にアドヴァイスとかしてもらいながら、その哲学を完成させたのである。

 今、同時代のツォンカパ伝四本のざっと訳をおえ、現在はこまかいみなおし中である(これが結構時間がかかる)。いずれは出版といきたいところだが、売れるかどうかは微妙であるため、出版元をみつけるには苦労するだろう(今回の件で国のお金はまずあてにできないし)。まあ、その時はその時、翻訳が完成してから考えよう。

 で、今回のチベット旅行は、私の趣味で、ツォンカパが、その哲学を完成させるにあたって非常に重要な啓示をうけた場所をまわることになった。ごねてみるもんで、ツォンカパが文殊の啓示をうけたガーワトンも、その後、長期のツァム(お籠もり瞑想)に入ったウルカも行けるとのことである。

 ガーワトンもウルカも普通のツァーではまずいかないおたくな訪問先である。

 担当者の英断に、拍手をおくりたい。

 今、チベットといえば、青蔵鉄道の開通により、世界中の鉄道オタクが注目しているが、チベットに鉄道とおして何がおもしろいんじゃ。

 稀少な生態系をこわして、本土からの大量の物資の流入はチベット高原のゴミふやすだけじゃん。あそこゴミの処理できないんだよ。

 だって、ゴミもやそうにも酸素ないもん

 でね、あの鉄道、客車少ないから世界中の旅行社が切符をとりあっていて(駅員が裏で流す)、まずしばらくはいったってのれやしないもんね。へへーんだ。

 陸路でチベットいきたいなら、遊牧しながら歩いて行けってんだ。

 というわけで、わたしの旅行は航空機でラサ入りしますので、チベットの生態系には最小の影響しか与えません(自画自賛)。

とかいたら、「航空機が地球温暖化を促進する」と生徒からツッコミが入ったので、以下の訂正文をつけくわえます。

(環境にやさしくチベットにいくには、まず日本海をたらいぶねでわたり、あとは遊牧しながら陸路で自給自足の旅をすべし。ちなみに、入国審査とか細かいことは考えてません。)


 しかし、精神文明がウリの地に、鉄道が通せば、最近たたでさえ俗化が進んでいるのに、さらーに、ひどくなる。気が重い。

 なので、このツォンカパの足跡をたどるツァーは、消えつつあるチベットの精神文明を支えるためにも、意味があるのです(強引)。

 で、このツォンカパについて今月26日にお話します。
無料です(会場狭いので要予約)。

 旅行に参加されない方もむろん大歓迎。

ツォンカパを知りたい方、ナマで私のことをご覧になりたい方(いるか!)、
チャンスどすえ。
詳しくはこちらどうぞ

http://www.kaze-travel.co.jp/info/event.html#045
[ TB*1 | CO*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

総統閣下は相当かっかしておられます | URL | 2006/07/12(水) 13:44 [EDIT]
>航空機でラサ入りしますので、チベットの生態系には最小の影響しか与えません
ちなみにhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060710-00000105-jij-int

モモ@柏原 | URL | 2006/07/12(水) 17:21 [EDIT]
鉄キチこと鉄道マニアの父が読んだら落ち込みそうな内容ですね(笑)都合により参加できませんが、一度チベットの風に触れてみたいです。

あくび母 | URL | 2006/07/12(水) 23:42 [EDIT]
ずっと思ってたんですよ。チベットの鉄道通してどうするのだ チベットの人たちは待ちに待っていたのだろうか、行ったこともない私が口出しすることではないかもしれないが、かってな思い込みで思うに現地の人々はそっとしておいて欲しいのではないかしらん。にしても、瀬戸際リーマンじゃなかったら先生のツアー参加したかったです。行かれる方々うらやましい。

席は | URL | 2006/07/12(水) 23:56 [EDIT]
>航空機でラサ入りしますので、チベットの生態系には最小の影響しか与えません
ちなみに飛行機は車の数万倍の温暖化ガスを排出します。すなわちいくら車の排出量を減らしても温暖化に歯止めがかからないということです。チベットの生態系には影響を与えないですが地球の生態系には影響を与えるということですよ。
まぁどっちみちどこかには影響があるということです。
● マルチレス
イシハマ | URL | 2006/07/13(木) 00:05 [EDIT]
>直前のななしさん
まあ勉強になりましたわ
人間は存在しているだけで地球のガンですね。
しかし、あなたは鉄道の窓からゴミを捨てたとかいってませんでしたっけ?
あれはやはりやめてくださいね。

>あくびさん
いいですってば、お気を遣わなくても。

>モモさん
チベット風は強いどすえ(笑)。
でも、空気が薄いので滞在していると
体が綺麗になっていくようなきがします。

>総統かっか
人間は存在するだけで地球の・・・・(以下同文)
● 26日、うかがいまっす(^^)/
苦沙弥 | URL | 2006/07/14(金) 22:07 [EDIT]
> ナマで私のことをご覧になりたい方(いるか!)、

います!苦沙弥の友人が!
(以前、先生に「難儀な趣味やなぁ」と言われていた、信州在住のロック仲間の看護婦嬢です。サイトでcap!さん前(?)での写真を見ながら「スクービーのライブ会場にいてもちっとも違和感無いのに~」と言っていました。)
去年はチーパオ姿を拝見したかったとまぢで残念がっておりました。例によって先約があったので。
で、今度の26日は自分は伺いますのでよろしくお願い致します。もし遅刻したらごめんなさいm(__)m。平日なので前述の友人は誘えませんが…。

TRACK BACK
TB*URL
● [話題] 青蔵鉄道に問題続出
仏報ウォッチリスト 2006/07/31(月) 05:51
中国-チベット間に今月1日開通の「青蔵鉄道」、問題続出(産経新聞7/29付Web)  〈線路の基礎の一部が沈下したり、コンクリートの構造物や橋の表面に亀裂……砂塵被害が予想以上、野生動物の線路進入もあとを断たず……一方、1日2500人の旅客輸送量しかない同鉄道には数  [続きを読む]
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ