白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2016/12/29(木)   CATEGORY: 未分類
「祖国の土が子供たちのもとに届く」
クリスマスの夜、目黒川のイルミネーションを尻目に、非リア充は亡命チベット人監督テンジン・チョクレーによるドキュメンタリー bringing Tibet home (原題 pha sa bu thug「祖国の土が子供たちのもとに届く」2014年)を見に行く。

 途中、平成24年に目黒川のほとりに閉館となつた「川の資料館」を発見して暗澹たる気持ちになる。都内ですらこの手の資料館が閉館しているなら、淡路島歴史資料館のてこ入れなんて夢のまた夢である。

 監督は韓国で映画の勉強した人であるという。何かそのような話を聞いた気がするのでメールを検索すると、Kくんのニューヨークからのメールで、この監督が日本にくるのでその時、この作品を日本で上映できないかという問い合わせがあった。しかし、その日程があまりにビジーだったので日本語字幕をつけるのが間に合わないだろうと答えたような気がする。そうか、あのドキュメンタリーか。

 あらすじはこうである(盛大なネタバレをします)。

 詩人で現代芸術家のテンジン・リクドル(1982-)は亡命チベット人二世だ。両親は1959年にヒマラヤをこえて亡命し、ネパールでリクドルら兄弟を生み、アメリカに移住した。しかし、父親が癌宣告をうけ、「チベットに還りたい」といいながら死んでいく。リクドルは父親と同じく、チベットへの帰還をねがいながらも果たせない亡命チベット人たちのために、一つのパフォーマンスを思いつく。

 それはチベットの土を20トンネパール経由でインドに運び出し、亡命チベット人たちにそれを踏んでもらい、その反応をみようというものである。

 で、リクドルは少年期をすごしたネパールに向かい、幼なじみのトゥプテン(ネパール在住)をコーディネーターとしてプロジェクトを始動する。しかし、当初「簡単だ、四日でつく」と言われた土はえんえんと到着しない。

 聞けば、国境外に土を運び出す許可がとれず、さらに、中国がチベットを併合した17ヶ条条約締結60周年のせいで国境警備が厳しくなっているからだという。

 リクドルは「四日ですむといっておきながら、なんでこんなに時間がかかるんだ!」と苛立つが、たしかに仲介業者もいー加減だが、土の輸出入の可否とか、検疫とか関税とか何も調べていないリクドルもいー加減ではないか(少なくとも日本は外国の土はもちこめないとのこと)。

 そして結局、土を小分けにして、密輸業者にワイロをはらって国境の川をまたぐ密輸ワイヤーをつかってネパール側にもちこむことに成功する。私はこれを見て、「こんな苦労するくらいなら、土はあくまでも象徴なのだから、日本のお砂踏みみたいに少量でよくて、みなで行列になって順々にふめばいいのではないか」と思った。

 しかし、そのようなつっこみをすべて覆す展開がラストにまっていた。

 トラックにつんだ " チベットの土"はネパールに入ってから、別の袋につめかえられ、増水した川に足止めされたりとしつつも、50の検問を突破してようやくダラムサラについた。そこは亡命チベット人の政府機能の中心地であり、ダライ・ラマのいる場所である。

 リクドルたちは「Our Land Our People」という横断幕を町に貼り、翌日のイベントを告知し、会場となるチベット子供村のバスケットボール会場に20トンの土をひろげる。

 Our Land Our People! これはダライラマ14世が亡命直後の1963年に血の涙を流しながらつづった自伝My Land My peopleチベット我が祖国へのオマージュではないか!

 イベントの行われた2011年10月26日の朝、リクドルは「チベットの土」を手に捧げて、ダライ・ラマを表敬訪問した。ダライ・ラマは「中国の知識人は真実を知れば私たちの味方になってくれる。中国人の協力なしにはチベット問題は解決しない」といいながら、土の上にチベット文字で「bod(チベット)」と記した。
テンジンリクドル少女

 イベント会場においてはダライラマのご真影が中央に飾られ、チベットの旗がひるがえり、ロプサン・センゲ首相の挨拶などがなされ、BBCもきて(テンジン・リクドルはロンドンのLossi Lossi 美術館と協力してこのイベントを行っている)なかなか盛大なことになっている。

 しきつめられたチベットの土のまわりで、チベット子供村の子供たちがお遊戯を始める。その歌詞は
「私たちは一生懸命勉強して、一生懸命勉強して、チベットの地にかえります。チベットの地に還ります」この時点で涙腺がゆるんでくる。まずい。

 それからみなが次々とチベットの土をふみ、その感想をマイクを通じて集まった人々に届ける。
 小学校低学年くらいの小さな女の子がしゃくりあげながら「すべての亡命チベット人がいつかチベットの地に還れますように」というと、マイクをもっていた若い女性もいっしょにもらい泣きをし、みな感極まる。
テンジンリクドルダライラマ

 リクドル「チベットから土をもってくる時、あんまり大変だったので、もしこれが最初からわかっていたらいろいろ考えすぎてしまったかもしれません。この土は私たちチベット人と同じ。中国人に追われて国境をこえるまで転々としながら、時には違法な仲介業者にお金をはらって国境を越えねばならない。祖国が植民地化された私たちには居場所がありません。祖国にも亡命先にも世界のどこにも安住できる場所はありません」

 実際、ここ数年ネパールは、経済的に膨脹した中国によって完全にコントロール下にいれられ、亡命チベット人が暮らしづらい社会となっている。

 このドキュメンタリーでもリクドルは「自分が住んでいた子供の頃よりもネパールがギスギスしている。チベット人街への警察の監視が厳しい。」「中国人はネパール国境30キロ圏内ではチベット人を逮捕できるらしい」「国境近辺にはチベット語をしゃべる中国のスパイがたくさんいる。やつらは非常にソフトににこやかに接してくるが、こちらの情報をとりにきているから注意しろ」みたいな話がそこここにでてくる(今はさらにギスギスしている)。実際、ネパール在住のチベット人は動ける若い世代からカナダ、アメリカへの移住を続けている。

 リクドルの手足となって国境での交渉に当たった幼なじみのトゥプテンはネパールに住んでいるのによく顔出しできるなあと感心していたら、後でSFT Japanの人に伺うと、そのまま彼は亡命したそうな。

 話をイベント当日に戻すと、「祖国の土」は三日間展示されたあと、自由に持ち帰れることになった。チベット人たちは、甲子園の球児たちのように土をペットボトルや袋にいれて、各自自分の家に持ち帰った。20トンの土はまもなく跡形もなく消えた。

 「お砂踏み」程度の土の量ではこの需要にこたえることはできず、この光景を見られなかったことを考えると、リクドルの無計画さも意味をもつ。合理的な判断が必ずしも正しいわけではないのだ。

 リクドルは「このプロジェクトは、亡命チベット人がいつかは故郷に帰ることができるという吉祥の証である」とあつく未来を語っていた。中国がきめた国境とか、関税とか、権益とか、規制とか、それらをこえてもちだされた祖国の土はたしかにプライスレスなものとなっていた。

 このドキュメンタリーのサイトと、当時のBBC記事をつないでおきます。
[ TB*0 | CO*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2016/12/29(木) 20:01 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● ご超年ご清祥を祈念
マサムネ | URL | 2016/12/30(金) 10:21 [EDIT]
田嶋先師の件、ご慧眼に触れて何よりのことと存じます。
先日は先師が善導を受けられた栃木市の満福寺へ参詣いたしました。
明治には灰燼に帰して富山から招かれた尊師が一堂宇だけで僧伽を設けられた、と案内にありました。尊師は河口慧海師とも御縁があったような気もします。
が、現在は並ぶ寺社無き大伽藍なのにチベットのチの字も無く、チベット関係史料は高野山に献納されたのかも知れません。
寺社も経営は大変みたいですから何も申せませんが、法統に触れる機会もあれば何よりだったかな、と思われました。
そういえばチベットと目黒と申せば、次の施設も御座いましたね。
現在は立て替え工事中と電話先では申しておられましたが、開館時期未定ということで御苦労はなされている様子と拝察しております。
北インド・チベット仏教美術館(安養院)
www.sinakan.jp/entry.html?id=35697
目黒不動尊前 天台宗 安養院のコレクションを公開している。 仙台の住職の収集品を現住職がチベットインド仏教美術研究会と協力して1991年に開館。(しながわ観光協会によれば現在休館中とのこと)

n. | URL | 2017/01/01(日) 17:06 [EDIT]
あけましておめでとうございます。
ダライ・ラマ法王のニュースをみて、紅茶花伝の思い出を振り返りました。
入社したての花屋で、四年前から頑張んなきゃといつもチベット文化のミルクティー紅茶花伝を飲んでいました。いつも座るな!と怒られ、女性の先輩に働いてる間中立たされていました。上司からは薬でもやってるんじゃないか、と脅されチックの症状まで出てしまいました。でも幼い頃からキリンの赤い看板を見てそだった思い出と、キリンの北海道支社長に、前の会社の上司にお前が悪いと言ってもらった思い出など、良い思い出がいっぱいあるキリンの紅茶花伝は大好きです。
ダライ・ラマ法王の笑顔は幸せを教えてくださいます。
今年も勉強がんばらないとなとタシルンポ寺から手紙をもらって、施主になれて幸せだなと思いました。いつも知らない場所で私の幸せを祈ってくれる友がいる、神道は仏教だとダライ・ラマ法王がおもってくださって、神道の私は幸せです。
皆様も良い年の幕開けを!
酉の年にチャド、リンポチェがポタラカレッジに帰ってきてくださいますので、もちろん良い年になりますね仏教徒は。
チャド、リンポチェはたしか東照宮に参拝されました。私の初砂神社が東▲宮で、神主が管理する祖父や母、叔母の墓があります。誰でも入れる墓を作った、が母の遺言。最近中国風水は私はやめた、と連絡しました。群馬の風水サービスが停止したのは、こんな訳からです。神道では私は天才と育てられていましたが、病気がちでチベットラマしか治せない難病になりました。ナルコレプシーは10代で、今は昔は悪魔払いされていた坑NMDA受容体脳炎でたまに飛び出ししては車にひかれそうになっていました。
余談ですが、聖徳太子に似ている性格と西浦緑▲堂店主に言われていて、現代では生きずらい、との事です。神主の祖父の墓はやはり一族全滅する墓になりました。仕方ないなと思ってます。叔父は天皇のサービス係でした。
私は聖徳太子が一番の仏教徒だと思っています。今世紀は密教を聖徳太子なら取入れるだろうなと思います。聖徳太子の墓は中国風水では凶相と呼ばれますが、特殊な密教の作りみたいです。私は風水の世界では有名な風水師ですので、解説まで。風水はチベット仏教が一番システムが自然の法則に添っています。2011年の災害は聖徳太子の予言にチベット仏教のシステムが関与したらしいと考えに至りました。仏教徒の友を助けにきてくれました。そう思いませんか。
遊び心から身内話でした。
ちなみに、カンジョウを受ける時は、
お経は床にじかにおかない
他の参加者を意識しない【ラマと自分】
これは参加者者に邪心を捨てさせます
集会で騒ぎをおこさない
新しい物を身につける、これはロサン.テレ猊下より
簡単な説明ですが、ラマにカンジョウを受けたいと話せたら幸先良いです。
鈍根な為言葉が足りず、説明も足りませんが、カンジョウの仲間になる皆様の為に書き記しました。
● 明けましておめでとうございます
シラユキ | URL | 2017/01/05(木) 22:07 [EDIT]
>マサムネさん
明けましておめでとうございます。
目黒の安養院は河口慧海が住職をつとめた羅漢寺、慧海の碑文のある浄真寺とともにこれまで何回かスタディ・ツァーで回りました。今年の初詣でも行ってみましたら仰せの通り休館でした。はやく再開して欲しいです。

>n.さん
チャド・リンポチェが来日されるとのこと、ご同慶の至りです。私は風水のことは良く知りませんが、戯れに初詣でおみくじで凶をひいたことをツイートしましたら、宏一先生からおみくじなんてひかないし、信じないと言われました。わたしもお守りとかおみくじとかにはあまり左右されるタイプではありませんが、悪いものがでれば気をつけるし、善い物がでれば気晴らしになるしで、一種レクリエーションとしてとらえています。
● 追伸
マサムネ | URL | 2017/01/09(月) 09:53 [EDIT]
自身の投稿に違和感があったので改めて校閲すると、品川区の案内に「仙台の住職」とありましたが、これは「先代の住職」なのではないか、ということだと愚考いたしました。
もしそうであるならば、公私共に御苦労なされていて、再開どころではない様子なのかも知れません。

北インド・チベット仏教美術館(安養院)
www.sinakan.jp/entry.html?id=35697
目黒不動尊前 天台宗 安養院のコレクションを公開している。 仙台の住職の収集品を現住職がチベットインド仏教美術研究会と協力して1991年に開館。(しながわ観光協会によれば現在休館中とのこと)
● 供養する人々
マサムネ | URL | 2017/01/11(水) 19:51 [EDIT]
誰も訪ねず支えが無い寺院というか美術館も大変ですね。
仏の教えによって心を磨き、その結果人々が『この人を世話したい』と思って差し出した布施で暮らしなさい、とはチベット語で何と言われているのでしょうか?不肖ご教示下さいますならば幸いに存じます。
下記お言葉は、とても勉強になりました。
チベット僧は「仏教を売って暮らしてはいけない」と強く弟子を戒める。これはたとえばお経を読んだその代価でお金をもらうことなどを指す。ではどうして暮らすのか。「仏の教えによって心を磨き、その結果人々が『この人を世話したい』と思って差し出した布施で暮らしなさい」というのである。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ