白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2017/03/24(金)   CATEGORY: 未分類
虹の橋に行きかけた
火曜日の朝六時、めまいで目が覚めた。起き上がるとさらに症状はひどくなり、まっすぐ立てない。外はどしゃぶりの雨でこの気圧の変化が発症の原因かもと思う。この日、東京は全国に先駆けて平年より五日早くソメイヨシノの開花宣言があった。

 こりゃいかんととりあえず代謝をよくする漢方をのんで寝直すと、あまりにも体調が悪いので起きているのか寝ているのかもわからない意識状態となる。今の意識から言えばそれは夢であるが、その時はとてもリアルなものであった。

 夢の中で私は真ん中に広間があってその両側に小さな部屋のある大きな家にいた。夢の中の私はそこを私の家だと感じている。なぜなら、普通に廊下の先の方で愛鳥(ごろう様オカメインコ)が飛んでいるし、部屋から愛猫(茶虎)がすたすた出てきたりしているからだ。

 私は母を探していた。実は母は四半世紀前になくなっているが、夢の中の私は母は生きていると確信している。母の気配が玄関に感じられたのでいってみると、今しがた町内会の会費を払ったばかりなのか、何ヶ月分かの領収書が置いてあった。その領収書を手にとって「母は近所に出かけているのかな」と思い、その次の場面では私はいつもの布団の中にいてその手の中には領収書が握られていた。

 この時私はもう母の死んでいる世界にいて、手の中の領収書をみて「あれは夢じゃなかったんだな。」と思っていた。

 しかし、二度目に同じ布団の中で目が覚めた時にはもう手の中には何もなかった。夢の中で夢が覚めるという体験はこれが初めてだった。

 忘れないうちに家人に夢の話をし、あれは何だったんだろうと検討を行う。
 死んだ人間を死んでいないと感じていたこと、あそこにいた猫は先代の猫(当代と柄がまったく同じ)と先代の鳥(当代はオカメインコだが先代はセキセイインコ。しかし遠目でみえただけなので先代の可能性もある)であったとすれば、なくなった愛するものたちが我々のくるのをまっているというあの「虹の橋」を垣間見た可能性もあるのではないか(オノレは仏教徒だろw)。体調絶不調の私の意識はあの時、あの世に半分はいりかけていたのかも。あの時、母は気配しか感じられなかったが、面と向かって姿を見ていたら、いわゆる「お迎え」が来たことになるのか。

 翌日また不思議なことがあった。FB経由でYさんから「昨日東京女子医大にいませんでしたか。先生とすれちがったような気がするのですが」というメッセージを頂戴した。時間をきくと15:30である。当然家で伏せっていた時間である。じつは前にも「先生〜にいませんでしたか」と私が存在しえない場所での目撃談を聞いたことがある。この現象は可能性としては、

1. 他人のそら似。 
2. ドッペルゲンガー 
3. 修行の結果幻身が出現した。

 の三つが考えられる。 チベットでは高僧は衆生済度のために同時にいくつもの場所に存在することが可能であると言われ、グヒヤサマージャの法で成仏するとできあがる有名な幻身もそれである。
しかし、私は高僧でないし、グヒヤサマージャの灌頂は受けたけれど生起法はやってないので、そんな高度なワザをくりだすことはできない。なので、1. でなければ2.である。
 翌日は体調も回復し、二日経った本日はこのエントリーを書く気力が生まれた。とりあえずおきたこと、考えたことを備忘のために書き留めておく。
[ TB*0 | CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 幻身を大阪に…
海の | URL | 2017/03/25(土) 19:43 [EDIT]
先日、サマヤから東京講習会の案内を頂いたのですが、ご存知かどうか、東京の講習は大阪のと比べて時間が倍になり、さらには石濱さんのお話まであり、関東の方々が羨ましいです。

おふたりには幻身を大阪に遣わしていただき、関西の衆生もお話聞けたらいいのに……。



TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ