白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/07/20(木)   CATEGORY: 未分類
個人情報保護は歴史学の危機
昨日は卒論のテーマが決まらない学生を研究室にて指導したのち、組合の会合にでる。

「順番だから」

 この言葉とともに、いやいや就任した組合執行委員ももうすぐ終わる。

 組合の当番の任期は一年と決まっており、再任はない(一人の人に負担が集中して、研究ができなくなる、というようなことがおきないように)。

 つまり、わたしは種痘をうった子供のごとく、二度とこの執行委員という病にかかる、もとい、職につくことはないのだ。

 ああ、めでたい。

 思えば、この一年いろいろなことがあった。しかし、そのようにいろんなことあっても、メンバーの仲がなんだかんだいってそれなり良かったことが救いであった(その前の年がどうだったかなんて聞かないでくださいよ。)。

 昨日は年金制度についての勉強会で、厚労省のもとお役人をよんで話をうかがったのだ。

 私はふだん、記帳すらせず、お給料の明細書もみたこともない、財テクにはほどとおい人間である。年金だって、どうせ夭折の家系だからもらえないだろうと興味もなかった。

 しかし、昨日の講師の先生の話は、単純に面白かった。年金制度とはなにかというそもそもの話から聞かせてもらえ、自分がもらえるもらえない、とかいうそんなレベルではなく、現代社会のワンダホなしくみのいったんをしることができたから。
 
 で、そのあと執行委員会があって、いろんな話がでる中で、
「個人情報保護のため、過去の書類を専門の業者にたのんで破棄する」というテーマがあった。どんな書類かと聞けば、太古の昔からの組合員のお金の出納だという。

 われわれ歴史学者は文書資料(何の手のはいっていないナマの原史料)というものを一級の資料と位置づける。つまり、この史料は20世紀の大学教員の家計をしる一次史料ではないか。 歴史家として「将来歴史史料となるものの廃棄は賛成できない」というと、歴史やっていない他の先生方は

 「困るのは将来の歴史学者でしょ。先生は関係ないじゃない」と発言がとぶ(それを言うなら私はチベット史だ。いまでも関係ない)。そういう問題ではない。
 「個人情報がもれなければいいんでしょ。だったら法隆寺の伏蔵みたいな、開かずの間つくっていれておけばいい」と食い下がると
 「置き場がない」と返された。そこで、
 「大学史資料センター、に保管してはどうか」というと、
 「それはできません」と言われる。
 そしたら、もう一人の歴史の先生が
 「だったら、現物はすてて、スキャナーで読み込むか、マイクロフィッシュにとって保存しておけばいいんだ」て

 個人情報、複製してるやん。

 しかし、個人情報を保護する意味なんて、個人の一生の間でいいのだから、長くてて50年である。こんな一時の判断で歴史資料を捨てるのである。

 このような当座の都合で歴史の波間に消えていった重要な文書がどのくらいあったことか。みながこの個人情報保護法案に過敏に反応すれば、将来の歴史学者にとって21世紀以後の経済史はブラック・ホールになってしまう。とついつい歴史家ふたりの発言には熱がはいる(さぞやメイワクであっただろう)。

 しかし、多勢に無勢「こんなもの、何にもなりゃーしませんよ」の声におされ廃棄は決定。こうして歴史の波間に一かたまりの社会経済史の史料群がしずんでいったのであったった。
[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● まさに!
苦沙弥@i | URL | 2006/07/20(木) 20:56 [EDIT]
自分が在学中にサークルでやっていたコトに至っては、歴史学以上に、個人情報保護が重要になった今では、成り立たない…とまではいかずとも、学生サークルなんぞでやるのは凄ーく困難になったよな…と、思い出しては溜息が出ます。サークル自体も早稲田では何年か前には既に消滅していました。まぁ自分らがいた頃、というか、かなり以前から、プライバシー保護などにかんして問題意識が強い人は、それなりに、その辺のことについての勉強会とか随時やってはいましたが。

―とか言っても実は自分の場合それ以前のレベルでして、コミュニケーション能力が無さすぎてフィールドワークそのものができない、という奴でしたけれどね(爆)。
● そういえば
うずまき | URL | 2006/07/20(木) 23:08 [EDIT]
昔、ある先生が市町村合併は歴史学の危機だと訴えておられましたね。
● マルチレス
イシハマ | URL | 2006/07/21(金) 09:18 [EDIT]
>くしゃみさん
文章が非常に文学的で難解すね。

>うずまきさん
市町村合併のさいにどれほどの史料が「整理」されたかと思うとたしかに暗澹たる持ちになります。
● わースミマセン
苦沙弥@i | URL | 2006/07/21(金) 19:04 [EDIT]
言っているそばからコミュニケーション能力の無さ(∴文が難解になる)をさらしてしまった…ごめんなさーい(*_*)。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ