白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2017/11/26(日)   CATEGORY: 未分類
法王のいない秋
●前座が本番に熊本講演

 キャンセルされなければ11月15日は法王が熊本で復興祈念の講演をされるはずの日であった。この講演はsamaya projectの企画であり、非常に士気の高い方たちが準備をされていたので、前日にはチベットを知る講演会をやり、翌日、法王の本講演を聞くという段取りになっていた。そしてその前座の講演に呼ばれたのが私である。

 そういうわけで今回法王様の来日がキャンセルされると、実行委員会の方々の落胆は一通りではなく、せめて前座の講演だけでもやろうという流れが生まれた。私はそれを聞いた時、ちいさーなホールでひっそりと実行委員会の方たちだけ集めて行うのかと思っていたら、何か熊本県医師会館でやるという。

 やな予感がした。

 熊本空港につくと、お迎えはいいとあれほどいったのに、平岡宏一先生が熊本側の僧侶小山さんとともにきてくださっていた。平岡先生、なぜか麻生副総理みたいな帽子をかぶっており、マフィア風である。空港から市内に向かう車内で小山さんから地震の時のお話を伺う。平岡先生は地震からわずか三日後に学校であつめた義援金をもってジープで現地入りし、その時からのお付き合いだそうである。

 ホテルは熊本城の目の前にあるホテル・キャッスル(まんまや)。昭和35年に天皇陛下が熊本にいらした際に建てられたホテルで、以後、皇族の方が熊本にお見えになるたびにお泊まりになっていたが、近年は老朽化が進み、日航ホテルに客を取られ、おいうちをかけるように昨年の地震で傾いて、廃業の危機にさらされた。しかし、由緒あるホテルなので存続をという声をうけて、気合いで改修し今年で58年目を迎えていた。

 キャッスルから歩いて会場となる熊本医師会館に向かう。着いてみると建物新しい。入り口にランの鉢植えがどかどか並んでいる。
23659361_10209028953995190_5540781279670123704_n.jpg

 平岡先生「法王さまをおよびするのは、この会館のこけら落としの意味もあったんですよね」

 おいおいおい、このホール立派すぎ。完全に私では役不足。「なんでもっと小さいホールにしてくれなかったんだよおおおぉ」と心の中で叫ぶ。ちなみに熊本の地方紙はダライラマ法王を右翼か何かと勘違いしていて、アンチの記事はのせてくれたものの、一切協力はしてくれなかったので今回の講演も宣伝なし。

 というわけで、立派な会場に実行委員会とその関係者の方々、プラスフルファを加えてひっそりとお話させていただきました。平岡先生は入菩薩行論をラマから教わったような形で解説してなかなか面白かった。私はダライラマ14世、一難民から世界の聖者へ、というタイトルでダライラマの人生とその影響力についてお話させていただく。

 実行委員会のメンバーは細川氏について熊本にやってきて代々藩医をつとめていた家系の末裔とか、細川氏にくっっいて熊本入りしたお寺の末裔とかで、彼らの地震の時の八面六臂の活躍を聞かせていただくと、昔の支配層がそのまま現在の熊本をしょって立っている。うちのご先祖なんて淡路を明治維新後わりとすぐに飛び出したのに。聴衆よし、会場よしで、ダライラマがお見えになっていたら本当によい集まりになっていたであろう。

 翌日、藩医のご子孫K子先生のご案内で熊本城を参観する。熊本城もは細川氏より前に熊本入りをした加藤清正によって建設され、熊本の基盤も加藤清正が整備したため、熊本県人に加藤清正は圧倒的な人気を誇る。お城の中には加藤清正を祭る神社があり、町中に清正公熊本入り●×周年とか記念の年ににたてられた銅像や碑文が見られる。
23755816_10209028954595205_7917677660333943323_n.jpg

 彼がつくった熊本城は日本三名城の一つに数えられ、神風連の乱でも、西南戦争でも落ちなかった天下の名城である。それが今回の地震では報道されている通りの、くずれっぷりで、小山さんから伺ったお話では「嘘か本当かは知りませんが、加藤清正が作ったところは盤石で、近代に入って補修した部分が今回くずれたと聞きました」

 崩れ落ちた石垣の石は等間隔にはならべられて一つ一つに番号がふられており、これを3Dでコンピューターにとりこんで、どの岩とどの岩が組み合わさるのかを計算させるのだそうな。アンコールワットで見た復元法と同じだ。あの床下の土が全部崩れ落ちてもまだ頑張っている櫓は、受験生とかのお守りになりそう。
23754717_10209028951475127_6703646473913616633_n.jpg

 それから小山さんが空港まで送って下さる。途中震源地の益城町で地震でずれた地形などをみせてくださる。そして神木神社の前で車を降りると、そこにはなんか報道関係者らしい人が三人、何をするでもなく手持ち無沙汰につっ立っている。
23658448_10209028950835111_6946802808973304968_n.jpg

 この神社は写真の通り全壊しており、一年たった今も被災後の姿のままである。写真をとって門の前に戻ると小山さんが報道の方たちの話していたので、私が「あの人たち何しているんですか」と伺うと、

 小山さん「七五三でお参りにくる人を撮りにきているみたいです」
 私「いやでも本殿つぶれてますよ」
 小山さん「だから復興してがんばっていますっていう絵をとりにきたのでは」
 私「復興してないですよ」

 そうして再び空港に向かう。途中小山さんから悲しいお話を伺う。

 小山さん「法王様がお見えになるというので、特別な法座を特注で作ったんですよ。法王様に座っていだきたかったです。法王様がお座りになることで完成する椅子なんです」
 私「それ見てみたいです」
 小山さん「木工房山河童でフェイスブックを検索してみてください」
 言われたとおりに検索してみると、このページがでた。
23722487_10209028949955089_2160509719578941040_n.jpg

この椅子には地・水・火・風の四つのエレメントが象徴されていて、その上にすわる法王様を空=宝珠にみたてた作品であつた。
 注文主は五倫塔をイメージし、最後の宝珠を法王様にみたてていたようだが、私が面白いと思ったのはチベットでも法王は直接お名前をいうことは失礼だということで、如意宝珠(yid bzhin nor bu)などの間接的な呼称で呼ばれていることである。
 同じ発想にいたるのは、やはり日本も仏教国だからか。
 山河童さんに敬意を表してFBのアドレスをあげておきます。


●アジャ・リンポチェ in仙台

 ダライラマの来日キャンセルはかくして招聘主に多大なる経済的・精神的な打撃を与えたが、意外な余波が、別の高僧たちをお世話している人々の周囲にも及んだ。

 それは、目的を喪失したダライラマ法王日本代表事務所が、自伝の和訳のプロモーションのために来日されていたアジャ・リンポチェの後援をはじめたことに始まった。アジャ・リンポチェの管轄する組織の日本支部のX氏が「格が上がった」と舞い上がった結果、キャパオーバーとなり、いろいろやらかした。アジャ・リンポチェのフォロワーはモンゴル人が多いので遊牧民力でスルーしたものの、そうはいかないのが何事も几帳面に事を進める日本人支援者である。

 アジャ・リンポチェは東日本大震災がおきた時、仙台のWさんが主催して松音寺さまで法要・支援を行った。その結果、松音寺には現在、アジャ・リンポチェが故郷の寺からひそかに持ち出した緑ターラー尊が祭られている(ちなみに、松音寺は緑ターラー尊のご朱印を作ったそうなのでマニアはご朱印帳をもってくるべし)。X氏はこのW氏に対してもやらかし、のみならず、Wさんを無視して事をすすめ始めたので、Wさんはお手伝いを降りた。

 講演当日、Wさんは複雑な感情を懐きつつ一般参加でリンポチェの話を聞きにいった。すると、冒頭リンポチェは主催者に感謝を表明する場面において、会場を提供してくださった松音寺のご住職についで、Wさんにカターを献じたのである。そして当初の予定では本来の法話の前に関係者だけの精進料理の席が予定されていたのが、会のあと、誰でもが参加できる食事会に内容が変更されていた。アジャ・リンポチェは関係者の誰を叱ることも、外すこともなく、本来の功労者であるWさんをたてたのである。

 高徳のラマのまわりでよくおこる、オセロ効果、すまわちまっくろな状況が、リンポチェの言動で一瞬に白に変わっていくというあの現象である。さすがわリンポチェ。

 関係者各位、本当にお疲れ様でした。

●カルマパ17世展

 25日にはチベット学会で京都に行ったついでに、泉涌寺で行われていたカルマパ17世展をみにいった。カルマパといえば2000年の最初の新聞の一面に亡命したカルマパ17世の写真がのったことを今でも思い出す。あの時14才だったカルマパ17世も今は32才である。彼はダライラマのお膝元のダラムサラのギュト大僧院に滞在しつつ、宗派を主催している。

 知る人は知っているが、カルマパはダライラマ14世に認定された今のカルマパともう一人カギュ派の高僧シャマル・リンポチェに認定されたカルマパがいた。二人のカルマパは今のカルマパの認定の根拠となった先代の遺書の真贋をめぐって長く争っていたが、今のカルマパが14才の時、亡命してダライラマの下に至ると一気にこちらがホンモノという空気が強くなり、今年に入ってもう一人のカルマパは還俗をして事実上、カルマパの継承争いは今のカルマパの勝利に終わった感がある。

そんな折のカルマパ展である。
24059443_10209057978960796_6862025178797811978_o.jpg

 今回の主催は香港チベットハウスで、初日にはダライラマの妹君のジェツンペマ氏とカルマパ17世のお姉さんが来られた。展示会場には今回の展示会の手配をした方がいらして、その方によると、今回の展示会には香港の映画監督ウォン・カーアイ監督とか、女優のフェイ・ウォンとかも関係しているとのこと。
 会場では2016年製作のカルマパならびにカギュ派の高僧がオールスターで出演するイメージ法話DVD「乗願再来九百年The 17th Journey of Compassion」がエンドレスでながれていて、これが映像がきれいだし法話もよくまとまっているので買ってもうた。

雰囲気を知っていただくため。さわりを以下にあげておきます。なかなかいいですよ。

23916614_10209057979320805_7021636920498724571_o.jpg

「仏教を信仰することはただ一つの宗教、宗派に属することではない。ただ信仰すればいいものではない。自分を知り、世界を知り、真理を追究し、一切のものの苦しみを共有し愛することだ」

「絵に描いた炎になってはいけない。絵の炎は暗闇に入っても周りを照らすことはないが、ホンモノの炎は暗闇の中で周囲を照らす。」

「内なる世界と外なる世界はつながっている。心が暗いとその人がみる世界は暗い。心が明るい人は世界を明るくみる。」

「私が〔カルマパの主催者に代々伝わる〕黒帽子を戴いた時、何ももたないものが苦しまないように、とねがった」
23847512_10209057978840793_2122461408802390426_o.jpg
[ TB*0 | CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2017/12/01(金) 21:32 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ