FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2018/07/12(木)   CATEGORY: 未分類
第三回テンジン・デレク賞は『ジクデル』の撮影者に
月曜日に、第三回テンジン・デレク「勇気のメダル」賞が日本で発表された。
CarteTenzinDelek_petit3.gif

この賞の冠となっているテンジン・デレク師。彼について知らない方、知っていたけど忘れた方のために簡単に紹介。
テンジン・デレク師はインドで仏教の勉強をし、チベット本土にもどってから、当局の妨害と戦いつつ、お寺を再建し、チベット人の子供がチベット語で教育を受けられる学校、養老院を建てるなどして、本土の人々から敬愛されていた。しかし、その活躍が目障りだったのか、2002年突如としてあろうことか「爆弾犯」の汚名を帰せられ逮捕され当局は死刑判決を下した。世界中の支援者たちがいくらなんでもひどいと運動した結果、死刑こそ撤回されたものの、2015年に獄中でなくなられてしまった。

 その後、彼の死を悼みかつ、中国の支配に非暴力で抵抗した人たちの勇気を顕彰するために、テンジン・デレク「勇気のメダル」賞が創設され、テンジンデレク師の訃報が当局から発表された7月13日に受賞者を発表することとなった。

 三回目にあたる今年は日本で表彰式が行われた。

ちなみに、第一回目の受賞式はダラムサラで行われ、受賞したのはラサ出身の元医師イシ・チュドン(Yeshe Chedron)さん。2008年の3月から4月における抗議運動の際に"ダライ一党"に情報を提供し国家の安全を脅かしたという謎な理由から、15年の懲役刑を科された方。

昨年の第二回のデレク賞はワシントンで表彰式が行われ、受賞したのはタシワンチュク(33)さん。「チベット語教育の重要性をブログで訴えただけ」で、国際社会の訴えもむなしく、五年間の刑を言い渡された方。
tashi-wangchuk-tibet.png

受賞式にはInternational Tibetan Networkの代表アリソン・レイノルズ(Allison Reynolds)、テンジン・デレクリンポチェの姪、ニマ・ラモさんも参加された。後者がテンジン・デレク・リンポチェの事績を涙ながらに語る姿はとても痛々しかった。
nl0610.jpg

でいよいよ発表、第三回のテンジン・デレク賞は、北京オリンピックの行われた2008年の年、封殺されるチベット人の声をあつめたドキュメンタリー『恐怖を乗り越えて』(Leaving Fear behind: チベット名"ジクデル")を撮ったことにより投獄されたトンドゥプ・ワンチェン(1974-)と元僧侶ゴロク・ジクメであった。

このドキュメンタリーが作成された直後、チベット蜂起が起きたため、『恐怖を乗り越えて』はチベット人の本音を伝えたものとして世界中で視聴された。トンドゥプ国際的な釈放運動によって幸いにも2014年に釈放されたものの公安の監視下におかれ、彼が妻子のいるアメリカへと出られたのはつい最近のことである。彼の渡米成功はチベット支援で名高いアメリカの元下院議長ナンシー・ペロシの力であったと言われている。

 トンドゥプワンチェンにはラモツォという線の細い可愛らしい奥さまがいらっしゃるのだが、突然夫を奪われ子供や姪を生活苦の中で養いながら苦労しつつ、最終的にアメリカに移住する姿は『ラモツォの亡命ノート』というドキュメンタリーとなっている。


ゴロクジクメは2012年に中国の監獄を脱獄し、13ヶ月いろいろな方に匿われながら2014年に国境を越えスイスに亡命することに成功した。彼はその後、2022年の北京冬季オリンピック開催誘致に反対する活動の中心メンバーとなった。

ニマ・ラモさんのテンジン・デレク師の人生と死について語るトーク・イベントツァーは以下の日程で行われます。お近くの方は是非是非お運びください。かわいらしい方ですよ。

●東京
日時: 2018年7月16日(月・祝)15:30開場 16:00開演
会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟103室(東京都渋谷区代々木神園町3-1)
小田急線 参宮橋駅下車 約7分/東京メトロ代々木公園駅下車(4番出口)約10分
入場無料。
●名古屋
日時: 2018年7月18日(水)18:00開始
会場: 名古屋国際センター(名古屋市中村区那古野1-47-1)
入場無料

●大阪 劉燕子さん対談―女性が語るチベットの人権―
日時: 2018年7月20日(金)19:00開始
会場: Tibet kitchen bar Mother Land(大阪市中央区西心斎橋2-8-3ラフィーヌ西心斎橋6F)
料金: 1500円(チベットディナー代/飲み物別料金)
要予約。お申し込みはこちらから。

●福岡
日時: 2018年7月21日(土)14:00開場 14:30開演
会場: 福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)(福岡市中央区荒戸3-3-39)
入場無料。お申し込みはこちらから。

●広島
日時: 2018年7月22日(日)13:30開始
会場: JMSアステールプラザ(広島区中区加古町4-17)
入場無料、申し込み不要。
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2018/07/04(水)   CATEGORY: 未分類
旧満州国の故都にいってみた (前編)
かつて日本は清朝最後の皇帝溥儀をかつぎだし大陸に満洲国という傀儡国家をたてた。当時新京と呼ばれた満州国の首都は、今は吉林省の省都長春となっている(写真は旧関東軍本部。現在は吉林省の共産党の建物)。
36643301_10210318589555273_2061022971329249280_n.jpg

 その長春に学会に行ってきた。そのこころは、満州国の特務機関の命をうけてチベット入りした野元甚蔵さんが、ジェブツンダンパ9世の探索にかかわっていそうだからである。

 野元甚蔵さんがチベットのミッションの詳細について詳しく語られなかったこと、また、多田明子さんが復刻された多田等観師の年譜に、野元氏のチベット入りには特段の目的がなかったかのように書かれていることから、これまでの日本の研究では野元さんのチベット入りはとくに動機がないかのように言われてきた(写真は野元甚蔵)。

野元写真

 しかし、ことしの一月に他界した研究者Paul Hyerが2013年に書いた論文では、野元甚蔵はジェブツンダンパの転生探索のミッションの一環として派遣されたと書いてあった。言われてみれば、満州国の特務は命令者と現場の人間のみが情報を共有し文書を残さない組織だったし、野元さんが当時外務省に提出した報告書『入藏記』は特務の仕事については外務省には語ってない可能性が高いし、野元さんが日本をたつ直前に参謀本部長と会食していることから任務の重要性が推し量られるし、チベットで身を寄せたアンチン・フトクトも、デロワ・フトクトもそもそも日本軍がジェブツンダンパの探索に利用すると明言していた人物でることから、野元さんがジェブツンダンパ9世の探索のミッションに携わっていた可能性は私的にはかなり高いような気がする。

まあそんなこんなで、今回長春で学会があるというので参加してみることにした。野元さんが、森繁久弥が、かつて目にしていた満州国の首都の残滓が、少しは体験できるかもしれない。

しかし、授業期間中であるためそうそう休めず、三泊四日(その上一泊は機中泊)というむちゃくちゃな弾丸ツアーである。町歩きの時間なんかたぶんない。

旅立ちの朝。 わたしは某駅で成田エクスプレスを待っていた。私の席は9号車にあるため、9号車と書かれた位置にたつ。しかし、時間がきても電車はこない。やっときたーと思ってみると、列車は減速どころか加速して私の前を通り過ぎていく。どうも短い六両編成で、私は12輛編成の9号車の停車位置にたっていて、ホームのはしっこの視界の外にとまっていた車両がみえなかったのである。
なんで九号車で六両編成なんだよ

パニクった私は駅員のいそうな部屋をばんばんたたくと、駅員がでてきて「すぐあとの電車にのってとにかく東京駅までいって、そこできた成田エクスプレスの空いている席に座ってください」とのことであった(全席指定じゃないのかオイ笑)。

 こうしてしょっぱなから出鼻をくじかれつつ、時間がないので保険もwifiもなしで飛行機にのりこむ。着席すると同行のK先生はすぐに爆睡。しかし、飛行機はサテライトから寸毫も動かず。しばらくしてやっと滑走路についたと思ったら今度はまたえんえんととまったまま。しばらくしてK先生がおきて外をみて、

K先生「ああ、先生つきましたね」
「飛んでねえよ」

ここで一時間近く遅れるが、われわれの中国国内での乗り継ぎ時間はたった二時間しかない。限りなくやばい。CAの方は「地上の職員とは話がついています」と頼もしい笑みを浮かべたものの、飛行機からおりても誰も誘導してくれない。さすが中国。地上係員との連絡はついていない。仕方ないのでANAの制服をきた人にフライト情報をみせて訴えると、誘導してくださり、何とか乗り継ぎにまにあう。ここで気力も体力も使い果たす。

 長春にとぶ国内線はテレビも音楽もないので、スニーカーから上着までルイヴィトンのロゴマークのはいったまちがいなくパチモンをきているおじさん、ならびに15才くらいの娘をつれた腕と足にいれずみを入れたコワモテのおっさんを観察して過ごす。中国は豊かになったためか、80年代の香港ファッションが全土に普及しているね。今宵は満月で眼下に広がる雲の中には稲妻がひらめき壮絶な眺めである。

長春につくとお迎えの方がきてくださっており、タクシーで50分かけて会場となるホテルへ。この時点でへとへと。
翌日九時から学会は開始。最初はいきなり記念撮影である。自分の発表がおわると帰る人がいること、次の日に帰る参加者に現像した写真をわたすために時間が必要なためであろう。

私の発表は初日午後。
640.jpeg

中国のモンゴル、チベット系の学会での発表は中国語か民族原語のものが多く、英語の発表は少ない。中国人の数に圧倒され言葉を失いつつあるチベット人、モンゴル人は、自らの言語での発表に拘る人が多い。最近ひらかれたとある北京のモンゴル系学会では、参加者全員にモンゴル語での発表が暗に強制されたそうな。モンゴル人たちは喜んでいたが、それってモンゴル語の口語ができない外国の研究者をすべてしめだすことで、研究レベルの低下を招く恐れはないのかと問いたい。

 今回私が参加した学会は民族区分からいうと、中国人、満州人、モンゴル人、チベット人、シベ人、ロシア人、台湾人、朝鮮人、ロシアの漢族、日本人と、満州国も真っ青のダイバーシティ。こうなると民族言語は一つに絞れず、漢語の発表が中心となる。しかし、私は英語で発表する。だって読めてもしゃべれないもん中国語。O先輩から「あんた何語で司会するの?」と言われたので、
「〔英語と漢語〕ちゃんぽん」と元気に答える。

 できないものはできないのである。

 驚いたのが、東北師範大学は日本語教育の中心なので日本語ができる学生がたくさんいたこと、また台湾から参加した若い研究者たちも来日経験がなくてもみな日本語ができること。台湾の若者の日本語能力の高さはにらんだとおり、アニメの影響であった。そのの晩わたしは台湾の若者とエヴァンゲリオンや銀英伝の話をしてもりあがったのである。
アニメの力すごい。
 
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2018/06/27(水)   CATEGORY: 未分類
はじめての献血
生まれて初めて献血にいった。初めてのお使いならぬ、初めての献血である。
36275065_10210273916798482_7237687834188972032_o.jpg

もともと貧血気味なので、避けていたが、SHARPの公式の中の人が「生きているだけで人の役に立つのが献血」とその朝、つぶやいたので、突如行く気に。しかし、昨日の晩は風がうるさくてあつくてあまりよく眠れず、食事も菜食だしペストコンディションとはいえない。

受付の方は一週間前、室外で客引きをしていたおっさんである。日に焼けているのは献血車で外で呼びかけることが多いからだろう。

 受付で登録をすまし、私が「体重は最近はかっていないのでわかりません」というと、室内の体重計に靴をはいたまま乗れというのでのると、受付の人の顔がくもり、「体重が50kgきっているので、200cc献血か成分献血しかできません。200ccは今たりているのでいりません。成分献血は時間がかりますかいいですか」といわれる。このあたりで私の「献血をして社会の役に立つ」という上から目線がくだけちる。

 私「私鈍いんでよくわからないんですが、ぶっちゃけ私の血はいらないってことですか?」と聞くと、受付の人はそうでないと力説するが、自己評価が落ちたのでよく理解できず、成分献血でもいいです、とかいいだす自分がいる(w)。

 さらに、服用している薬はありますか?、「睡眠薬をのんでますが四分の一だし、昨日の晩です」というとお医者さんブースにつれていかれ、前の晩なら大丈夫ですというお医者さんの言質をとる。
 このあたりで「血をあげる」から、「血をとっていただく」感じになって、不思議に力関係が逆転してくる。
 
初めての人がさげるふだを首からさげて、点滴中の人がつけるみたいな紙のわっかを腕につけられる。

私「これをつけている人を最後に見たのは末期癌でなくなった方の腕でした」というと受付の人無視。

 次に、こちらが同意すべき事項を動画でみさせられる。

私「早回しとかできないんですか」

係の人「できませんねえ。続いて質問がでてきます」

私「面倒くせえな」

質問内容は何か薬を飲んでないか、過去に大病していないか、近く歯を抜いてないか、血がとまらない病気をしていないか、ヨーロッパの滞在歴がありますか、などなどだが、去年鼻血がとまらなくて耳鼻科で鼻の中やきました、また一年前親知らずぬいて顎関節症になりました、昨年九月イギリスいってますと爽やかに答えてもとりあえずOKとなる。

 次に、血圧をはかり、採決、もとい採血。貧血や病気もちはここで却下されるのだという。私はサカダワ期間中一ヶ月菜食で通していたので、献血をすると決めたこの一週間は意識して肉でタンパク質をとっていた。

 クリア。わーい、わーい。

 次に心電図。針をさされてそのままショックで心臓がとまる人をここでふるいおとすらしい。心電図もクリア。職場での健康診断はさぼりつづけお叱りをうけているが、なぜかここで健康診断をして結果に喜んでいる私はアホである。

それから機械につながれて血をぬく。ぬいた血はうわずみだけとられて赤血球はもとに戻されるので、とくに血がへった感じはしない。静脈にぶっとい針を刺すときはさすがに痛いがいったん刺すとそう痛くはない。スマホさわっているうちに終了。初めてなので様子見で少ししかぬかなかったらしい。時間はあまりかかった気がしない。飛行機の乗り継ぎでわけのわからん空港で時間をつぶしているよりはよほど快適。

 血をぬき終わった後、しばらく目の届くところにいろと言われたが、別に立ちくらみもしないのでサクサクトイレにいって、「大丈夫そうなのでお世話になりました」と元気に献血ルームをあとにする。

 ちなみに、その時は大丈夫でもあとでばったり倒れて線路におちるような人もいるようなので、心配な人は休んでいくといい。
 献血ルームには飲み物とお菓子がただでおいてあり、帰る時に献血カードと小さなお菓子のパックとウーロンチャのブリックを持たされた。
 そこには「ありがとうの手紙」が添えられている。


献血をして下さった皆さんへ。
皆さんのおかげで、わたしは今こうして元気に過ごすことが出来ています。
わたしの身体に流れているのは皆さんの優しさと温かな気持ちです。
顔の見えない誰かのために献血をするという行為は素敵だなと思います。
患者を代表してありがとう。   友寄蓮


この友寄さんのofficial blog はこちらである。
健康で体重のある人は献血にいこう。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2018/06/02(土)   CATEGORY: 未分類
「独立」と植民地の間
ダライラマ法王がとっている中道政策の「中道」とは、植民地と独立の中間、〔現在のようななんちゃって自治ではなく〕完全自治をめざすことにある。

よく中国はチベットは独立国家ではなかったといいはりますが、近代的な意味での「国家」概念(国境線が確定し、国際社会から独立承認された国家)がチベットに輸入されるのは20世紀の初頭であるため、近代的な意味では独立したことがないのはトーゼンである(それは現在は近代的な意味で「独立」している他のアジアの国々ももとは同じ状況だったから)。

一方、チベットの歴史、文化、言語、政治体制、法律はすべて中国の王朝とは別個のものとして生成・発展しており、直近の中国の王朝である清朝からも布施はうけても税金はとられていなかったことを考えると、チベットは普通に独立しており、現在近代的な意味で「独立」していないことは非常に不条理であることは言を俟たない。
 
 現在ダライラマ法王は「中道」政策をとっているため、チベット人はダライラマの立場を考えて「独立」を口にすることを控えている。しかし、本日紹介するブログの主ジャムヤン・ノルブ氏(1949-)は現在もなお「独立」の言葉をはばからず口にだす数少ないチベット知識人であるため、「ダライラマ法王は彼のことをどう思っているのかしら」と見られることもある方であるが、そのジャムヤンノルブ氏がダライラマ法王と5月31日に個人謁見を行い、その席でダライラマ法王が述べたことは「独立」についての考え方を知る上で興味深いものでした。 なのでブログで全訳してみました。

 要約すると法王は、過去チベットが独立国として機能していた証拠を発掘し、提示することは歴史的事実なんだから、どんどんしたらいい、その過去の独立の事実があるからこそ、中道政策が意味をなすということ。

 確かに、2012年12月金沢で静養中のダライラマ法王の下で私が清朝とチベット仏教について研究していると申し上げたところ同じことをおっしゃられたことを思い出した。再掲すると
 「わたしはチベットの〔独立ではなく〕自治といっているが、それはチベットの歴史がどうでもいいということではない。チベットの歴史はそれはそれとしてある。研究対象にすべきである。
 ソ連の時代、昔の資料や歴史書をみんな捨ててしまって、ソ連が崩壊してロシアになって、さあ歴史を教えようと思っても昔の資料がないから歴史が教えられないという話を聞いた。政治が歴史的事実をゆがめてはいけない。」(ソース)


 それではジャムヤンノルブ氏とダライラマ法王の印象的な会見について全訳をのせます。ソースはここです。

猊下との個人謁見(「シャドウ・チベット」五月三十日より)

第五回国際独立会議の最終日、会議参加者はダライラマとの集団謁見を行い記念写真撮影を行った。大人数であったし、私は彼の足下のすぐ近くで跪いていた(彼は立っていた)ので、おそらく彼には私がみえなかったのだろう。後になって彼はなぜ私(ジャムヤンノルブ)がいなかったのか? と訪ねたから。その午後、私は(法王)秘書室から「猊下が私に合いたがっている」との電話をうけた。

私は五月二十八日の午前十時半にダライラマ猊下との個人謁見を行った。読者のみなさんは喜ぶだろうが、彼は健康で輝いていた。一方私はと言えば、死にそうだった。会議の間中熱があり、しつこい咳が続いたため夜も眠れなかった。彼は私の病気に気付いていたにちがいない、最初に私をみながら「年を取ったなあ」と言ったから。私は「はい、猊下。膝も悪いですが、〔あなた様への〕五体投地は完璧にできます」

私が座ると彼は「あなたが最初にここにきたのは六十年代でしたね?」私はそうだと応えました。彼は「それから我々は一緒になんとか大仕事をやってきた。〔チベット動乱のおきた〕1959年にラサで譚三冠が反乱者は一掃されるべきであると命令し、彼の大砲がノルブリンカ(ダライラマの離宮)やチャクポリ(ポタラ宮の向かいの山。かつては医学堂がたっていた)や至る所で我々の民をたくさん殺した。私が亡命した後、中国人は『チベット人は終わった。ダライ・ラマも亡命チベット人も何もできない』と確信していた。しかし、我々は彼らが間違っていることを証明したじゃないか?」

「はい確かに。猊下。」と私は応えた。「私たちは社会と政府を立て直したばかりか、チベット問題をかつてない形で世界に提起しました。我々はそれを共に行いました」

彼はしばらくこのことについて思い出話をしてそれからこう言った。「私はあなたに中道政策について話したい。〔独立を唱えるあなたと〕争う気はない。私はただあなたに中道を説明したいだけだ。」彼はそして、いかに多くの世界の指導者が彼に賛意を表し、中道政策を支持し、オバマ大統領が彼に中道政策を完全に支持すると述べた手紙を送ってきたのかなどの包括的な説明を始めた。また、中華人民共和国の多くの中国人、事に知識人がいまや中道政策を支持して、支持するようになっていることも説明した。

彼は中道政策についての説明をこうしめくくった。
「中道政策が進展しようとも、チベット人はチベットが1959年以前は独立国であったことを証明する努力を続けなければならない。」彼はそれから、チベットの独立を示す歴史的な証拠を発掘し、それを世界だけではなく中国人に知らしむることの重要性について説明を続けた。彼は「チベットが独立国であったことの証拠がなければ、中道政策は単に乞食が食べ物を乞うているようなものになってしまう。チベットが独立していたという決定的な証拠を研究し発見しそれを世界に発表することはチベット人の肩に掛かっている。」と言った。

私は彼を遮って「それこそまさに独立会議が採択したことであり、活動家たちが疲れを知らずにあらゆる機会をとらえて行おうとしていることです」と説明した。私は彼に携帯展覧会「ランツェンテルズー」(チベットの古典リンチェンテルズー、『宝の蔵』にかけた名前。「チベット独立の知識の蔵」という意)について話した。これはチベットの独立を証明する地図、論文、写真、工芸品、パスポート、公文書からなりたっており、チベット国民会議がニューヨークの国連ビル前で、いきかう官僚、訪問者その他を啓発するために設置、展示したものである。

私はまたチベット国民会議の有志の助けをかりて立ち上げた「三月十日記念ウェブサイト」March 10 Memorial website。三月十日はチベット蜂起記念日)についても語った。このサイトでは稀少な写真、ビデオ、小伝、関係年譜、ラサの地図、チベット人のデモ、闘争、ダライラマの亡命の詳細な情報を見ることができます。

猊下はクンゴターラ(1920-2013。93才でなくなったダライラマの側近で亡命政府の僧官。)について話す時考え深げになり、私とドアのところにたつツェギャム氏ともう一人の官僚に向かっても彼について説明した。ターラは非常に勇敢で忠実な男であり、ちょっと予測できないことをする男だった。ターラは一人でノルブリンカに深い塹壕を掘り、中国軍の砲撃が始まったら、こうして隠れなさいと猊下に指示したという。猊下は思い出し笑いをされた。私はまた猊下にサイトの中にある「思い出の人々の部屋」には、ラサから彼が逃げる際に安全を確保するために動いた面々、ツァロン・ダサン・ダドゥル(1888–1959)、大執事パラ、ロサンイェシェ他の解説や写真をアップしていることを告げた。

私は最近チベット国民会議がニューヨークで1918年4月29日にチャムド(東チベットの要害)で中国軍を打ち負かし東チベットを解放した戦いの戦勝百周年の祝賀会を行ったことも告げた。カムパたちが「土の馬の年の新時代」と記憶するあの事件である。猊下は彼はその歴史的事件について聞いたことを思い出し、私に「あなたの祖父はこの戦争の間は将軍だったんじゃないかね?」彼はドアのところにたつ側近に向かって「テトン・ダポンは敵を調伏する力(猊下が実際にどんな言葉を用いたのかは思い出せない)があった。他の将軍がしくじった時でも中国人を倒すことができた」と説明した。

猊下はそしてアメリカがチベットの抵抗ゲリラに対する支援をうちきった時、我々が武器や支援をどこからえるのか話合ったことを思い出した。彼は笑いながら、私が「アフガニスタンから武器を買おう」という向こう見ずな提案をしたことを指摘した(私は思い出せなかった)。彼は笑い続けた。しかし、私は猊下に、当時、ガリ・リンポチェと私がいかにフランスの情報機関に我々のネットワークに資金を提供させようとしていたか、わたしがいかに法王事務所によってパリにおくられたかを思い出させた。彼は思い出した。彼は私を指さして側近にこういった。「こいつは我々の中のスパイだ。でもこれらの計画は結局みな意味がなかった」といった。「猊下、たしかに結果がでませんでした」と私は認めた。「最後はラモツェリン氏が逮捕され、キャトワンドゥがネパール軍に殺されて、抵抗軍はちりぢりになった。」

私たちは50分以上は語り合っていたと思う。猊下は楽しんでおられるようだった。彼はご自分の理論についてかたりはじめた。アフリカからでた原始人がヨーロッパから東方のアジアに向かったことに基づき、人類がチベットでまず進化しその後中国に向かったであろうことは論理的であるとおもっていらっしゃった。私は「Scientific Americanで目にした最近の研究では、中国の研究者が行ったゲノム解析により、チベット人は従来いわれていた16000年前より四倍も古い64000年前の氷河期からチベット高原上に存在していたことがわかった」と告げた。

猊下はまた猿の菩薩と岩の鬼女の結婚のようなチベット人の起源についての民族の神話が、多少の事実に基づいているのではないかと思われていた。私は科学雑誌ネイチャーの中のネアンデルタール人の従兄弟、旧石器時代人の一種デニソワ人についての記事を思い出した。そこには、デニソワ人は初期のチベット人と結婚してチベット人に特別な遺伝子を授け、それがチベット人に高山で生き抜くことに適した 属性を与えたと書かれていた。共著者のチベット人のツェワンタシ博士とユタ大学の行った研究でであるとつげると猊下はとても喜んだ。

猊下は私にこのような発見をフォローすること、その内容を彼に知らせることを課した。

ついに謁見は終わりに近づいた。猊下はこういった。「一緒に写真をとらないとな。カメラマンはどこだ? 」それから彼は机の引き出しをひっかきまわすと二、三パックの薬箱をとりだした。「これは"宝のように貴い丸薬"(リンチェンリルブ)だ。これらは早すぎる死からお前を救うだろう。健やかであれ。」彼の祝福を受ける前に、私は特別なお願いがあると彼にいった。「"独立"のための闘争に祈願していただけるように」。彼はこう答えた「もちろん、いいよ。お前達にとって必要なことだ。心配するな」(yin-ta-yin ......semdrel che go maray)

私は猊下に心からの感謝を捧げて辞去した。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2018/05/29(火)   CATEGORY: 未分類
サカダワの満月
16日からはじまったサカダワ月は仏様が生まれ、悟りを開かれ、なくなったとされる月であるため、チベットでは聖なる月とされる。初日にはダライラマ14世がダラムサラで観音真言の灌頂を授けられた。
さらに本日は満月の日である。サカダワ月につむ善行はン万倍になるが、本日は満月であり、満月の日に行う善行はさらにもうすごいことになる。そのため私は毎年この日に寄付をすることにしている (100円寄付しても100000円の功徳とかいっている時点でだめな気もするが)。
supermoon-Lhasa.jpg

ちなみに、自分はサカダワ月にはいった五月十六日から、大豆製品を中心とした菜食としている。ちなみに出汁までかんがえると面倒くさくなって続かないため、その点ではあまり徹底していない。最近はまずいベジミートが気にならなくなり、味覚の破壊がいい感じに進んでいる。サカダワがあけたら何が美味しいか不味いかもわからなくなっていると思われる。

 「寄付をどこにしたらいいでしょう」という質問を受けたので参考までに。
非営利で非暴力で他者のために動いている組織なら、基本的にどこでもいいと思います。お金でなくてもボランティアでおさめるのもありです。ようは西洋におけるクリスマスと同じで自分以外の他者を考える期間がサカダワのポイントなのです。

私の場合は自然保護の大きな組織ということで世界自然保護基金(WWF)、また鳥を心の底から愛しているため、日本野鳥の会などをぼちぼち考えています。
 まだわかりませんが、直接的に生き物の命を救っているため仏教の放生に近い活動を行っているNPO法人アニマルライツ(動物にも権利があるという意味)とかが今年は気になっています。この組織は人間の都合で残酷に殺される動物を少しでも減らそうという活動をしており、動物実験、犬猫殺処分反対、鮮度を保つために残酷な殺され方をする食用動物などを救うための活動です。

 また、人間に対する援助はないのかというツッコミがはいりそうなので、これも私だけの興味ですが、絶滅危惧のチベット遊牧民に関する活動として、ノマディツクチルドレンに送ろうかと思っています。
 今中国は経済が順調でお金があるのでチベット地域にもお金をばらまき、結果として建物としての学校や公民館などはどかどかたっていますが、そこで行われる教育は漢語にしろだの、お坊さんはすっこんどれだの、一言で言えばチベットの文化を尊重する気はナッシングなことはかねてより指摘されております。
 このような状況をうけて福岡在住で元僧侶のゲレックさんはノマディツクチルドレン(遊牧民の子供という意味)をたちあげ、故郷の村にチベットの民族衣装である冬服チュバをおくる運動をしています。彼には九州で何度かお会いしたことも有り、元僧侶らしく穏やかで謙虚な人柄で信用ができる人です。
チュバおくる

今晩は海の見える豊洲のシビックホールでチベットの子供の里親をしてくださっている板東静さんのピアノコンサートがあるのでいってきます。なんかピアノの最高峰のFaziolli、バイオリンでいったらストラディバリウスみたいな名ピアノを引くそうです。静さんの演奏ははじめて聴くので楽しみです。

 リチャード・ギアいわく「自分が世界の中心から消える時、世界は輝きをます」
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ